vol.330 使わなくなったスマホ×歩行量調査『placemeter』

http://www.placemeter.com/

【概要】
歩行者通行量調査をデジタルでやってしまうサービス

【ビジネスモデルポイント】
これ、個人的にすごい刺さるサービス。
3ヶ月に1回ぐらい、交差点やら駅やらで椅子に座ってアルバイトがカチカチ歩行量を調査しているあれ。
最高にアナログだなと思っていて、一部数え漏れもあるだろうし、何より費用がかかってしょうがないでしょうと。もちろんそれをデジタルで勝手にデータ収集していたらプライバシーがどうのこうのっていうところが一番引っかかるんだろう。

サービスの概要としては、使わなくなったスマホを自分の家の窓際に設置して、それがセンサーとなって歩行量などを自動的に調査してくれるというところ。
このサービスの面白いなと思ったところは二つあり、
1つ目は使わなくなった古いスマホをセンサーにするところで、ユーザーからのクラウドソーシング的データ収集をしているところ。
2つ目はデータ収集に協力してくれるユーザーには毎月50ドルまでのギャラが支払われるところ。

もちろんプライバシーの配慮は最大限行ってますとのことで、歩行量の数を数えるだけで画像認識をして個人特定はやってないということらしいが、果たして。

でも、超絶アナログだなと思えるところをデジタルで置き換えたなーと思えたところがすごく刺さった。ただ一人毎月最大50ドルってなると月々の費用がどれぐらいになってるのかが気になるな。あと、歩行量調査って都市デザイン設計のためみたいだが、クライアントって国がメインになるのか?いずれにせよ公共性は高いサービス。

【会社情報】
設立 2012年
本社 New York, NY

【資金調達】
$7.8M (2014年11月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 286いいね! (2014年9月現在)
twitter 1321フォロワー(2014年9月現在)