vol.302 クラウドソーシング当日配送サービス『deliv』

https://www.deliv.co/pages/home

【概要】
クラウドソーシングを使って、商品を当日中に低価格です配送するサービス

【ビジネスモデルポイント】
アマゾン含めて、当日配送してくれるECサイトはある。
が、クラウドソーシングを使った当日配送っていうのが聞き覚えが無くちょっと覗いてみた。

誰でもなれるわけではなく、大卒以上で、もちろんドライバーズライセンスありで、いわゆる犯罪履歴などなく『信頼できる』に値する人間ならばドライバーとして働くことができる。提携しているブランドの商品で、ユーザーがこの商品を今欲しいとなったときに、連絡を聞きつけた近くにいる人間が買って運んでいき、運営者への意手数料を一部引いた報酬をゲットするというような仕組み。

当日配送は約24キロ圏内であればいいらしいのだが、もちろんアメリカで、かつパロアルトっていうことで一概に比較できないが、24キロなら結構なんでも注文できちゃうということになる。プライスに関しては、他社のいわゆる3日から5日ぐらいで配送する値段で当日配送しちゃいますということなので、それならばすごい。
プライスが一定程度ならば、そりゃ早く届いたほうがいいに決まっているので。提携しているブランドは、sonyや、hugo boss、tory burchなど結構大手どころが提携しているのでサービスとして機能していそう。

大事なのが安全面のところだが、ユーザーがちゃんとドライバーをレビューしたりレーティングしたりすることもできるので、信頼性の担保というところもある程度されているようである。
気になるところとしては、ドライバーは月にどれぐらい稼げているのかだな。

【会社情報】
設立 2012年
本社所在地 Palo Alto, CA

【資金調達】
$12.4M (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook 15047いいね! (2014年5月現在)
twitter 257フォロワー(2014年5月現在)