zer0base

海外スタートアップおもしろサービスを独断と偏見で纏めています。

By

祝vol.300 ご近所SNS 『nextdoor』

https://nextdoor.com/

【概要】
ご近所専用のSNS

【ビジネスモデルポイント】
近隣の住人の間でのみ利用できるSNS。大きなサービスなので、普段zer0baseで取り扱っているようなニッチでマニアックだけど何かにおうというようなサービスではないが、ようやくこのブログも300回になったので、たまにはこういう大き目のコンテンツを真面目に掘り下げたものを投稿して周囲の反応を見てみたい。

ネットワークの数は現在33000以上。
mixiのコミュニティはいろいろ合わせて300万近くあるので、3万という数字自体は少ないが、大事なのはそのコミュニティのアクティブさ、質だと思う。

大きく利用するメリットは2つと判断する。

1つは、『生活保全』 
例えば

近所で発生した犯罪などの情報の共有
ペット、ご老人がいなくなりましたなどの共有
自然災害の共有
・・・などなど

特に、アメリカの場合は犯罪情報の共有というところの利用シーンが一番大きな意味を持っていそう。
実際、性犯罪者の情報は顔写真つきでネットで公開されているぐらいなので、相当センシティブなのだがリアルタイム性にはかけると思っているので、このNextdoorはもちろんモバイルアプリで利用できる分、リアルタイム性はあると思える。

2つ目は、『生活の質を豊かにすること』
例えば

どこどこの歯医者さんが評判がいい
どこどこの通りの角に新しくできたカフェが居心地がよい
・・・などなど

ただし、ここの提供価値に関しては他のサービスでも賄えてはいると思っており、
近所のコミュニティに特化していることで、細かい網の目のいい店、いい人をいかに情報共有できているかで差別化されるのだと思う。

Greylock Partnersなど有名どころからGoogle Venturesまで、多くのVCから早い段階で出資を受けており、
注目度が高い。

2013年6月にニューヨーク市と提携することにより、ニューヨークの行政、公共サービスに利用されることになった。
市の情報発信というアウトプット、住民の意見の収集とうインプット、住民とインタラクティブにコミュニケーションが活発に行われるのであればスタートアップ×行政のロールモデルだと思う。

【会社情報】
設立 2010年

【資金調達】
$100.2M (2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 18193いいね! (2014年4月現在)
twitter 7477フォロワー(2014年4月現在)


By

vol.299 サプリの定期購入サービス『bulubox』

http://www.bulubox.com/

【概要】
サプリサンプルの詰め合わせ月額費用を払えば届けてくれるサービス

【ビジネスモデルポイント】
これは概要そのまんまなのだが、定期購入サービス、英語でサブスクリプションサービスとも言うが、
月額費用を払うと、費用に応じて内容が変わるセットが定期的に届くというもの。
こちらのサービスはセット内容は同じで、1ヶ月10ドルで4,5種類のサプリの詰め合わせが届くサービスで、複数月契約だとディスカウントが受けられる。

こちらは、ビタミン剤やサプリメントなど、ヘルス系商品のサンプルが届くのだが、
結局こういう定期購入サービスは定期的に利用するものでないと価値がないので、毎日、もしくは定期的に
摂取するべきサプリメントを商材に扱っている点では納得感はある。
このサービスはあくまでサンプルを取り扱っているので、月10ドルと定価格モデルとなっているが、気に入ればもちろん本体を買うこともできる。

長く、安全に利用してもらうための工夫はしている模様で、ユーザーの健康状態などのプロフィールを登録しもらうと○○ポイント、
このサプリのレビューを書いてもらうと○○ポイントなどポイントを付与しており、それを購入の際の割引として使えるというようなもの。

日本でももちろんサプリを定期配達してくれるサービスはたくさんあるのだが、自社ブランドのみの扱いで、複数ブランドの詰め合わせというのは
ないようである。規制の問題なのか。
詰め合わせではなくサンプルだけを取り扱ったサービスは、A8というアフィリエイトサイトで有名なファンコミュニケーションズが、サンプルファンというサイトがある。
定期購入の利便性のニーズがあるならばここがそのうちやるかもしれない。

【会社情報】
設立年 2012年
本社 Lincoln, NE

【資金調達】
$2M(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 26290いいね!(2014年4月現在)
twitter 5126いいね!(2014年4月現在)


By

vol.298 ソーシャル&エモーションラーニング『if you can』

http://ifyoucan.org/

【概要】
子供のための対人関係スキルを向上させるためのゲーム開発を行っている会社

【ビジネスモデルポイント】
超著名なVCのAndreessen HorowitzやGreylock Partnersが投資していたので目に留まった。
TOPの画像を見るに、いかにもアメリカンなアニメグラフィックになっており、日本の子供には100%受けないような見た目なのだが、サービスのコンセプトとしては非常に高尚な感じで、対人関係スキルのない子供が現代社会を破壊しているというテーマから、大人が世界平和のために真剣に子供の教育に取り組む必要があるのだというような感じのサービスである。

TOP画面の右上にスライド画像があり、その画像から判断するにゲームの中身自体は別に大したことはないように思える。ゲーム内に出てくるキャラと基本的に対話ベースを通してのRPG的な感じに見える。

対人スキルが向上することで、学校の勉強の成績が何%あがるとか、正しい判断力が身に付くことで正しい食事を行うようになり、健康面でもベネフィットがあるとのことなのだが、なんだかだんだん怪しく見えてきた。

もちろん、いいサービスなのだが、このサービスが特別に優れているような要素を抱えているようには見えず、著名なVCから投資を受けるほどのポテンシャルの大きさも感じない。
なぜ? だけど覚えておこう。

【会社情報】
設立年 2012年
本社 San Mateo CA,USA

【資金調達】
$9.3M(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 353いいね!(2014年4月現在)
twitter 353いいね!(2014年4月現在)


By

vol.297 ファッション×画像認識技術『slyce』

http://slyce.it/

【概要】
服や家具の写真を撮るだけでその商品を認識する技術

【ビジネスモデルポイント】
このサービスは、概要一言で事足りると思うのだが、
あーはいはい、よくありそうなアプリだなと思ったが、あるっけ?と思い、実はすごい技術で可能性あるのではないかと思ってしまった。

と思ったが、調べてみるとAmazonのアプリで『FLOW』という機能があるらしく、バーコードをスキャンして商品を検索するというのはもちろんありふれているのだが、画像を撮影するだけで商品を認識してしまうのはすごいなと思った。
タイトルはファッション×ということで、ファッションをメインに置いているのだが、インテリアの撮影もできる模様。
サイトのチュートリアルとまではいかないのだが、アイテム撮影トライ!みたいなのあって、実際サイトを見てもらったらできるのだが、例えばキッチン回りの蛇口をクリックすると、その水道蛇口がどこどこブランドでいくらみたいのがニュルっと出てくる。

これ、世の中のあらゆる商品を溜めこんだら化け物アプリにならないか?買い物の仕方は間違いなく変わるでしょう。

さらにこのサービスの面白いところは、その商品だけではなくて、その商品に類似する商品もリコメンドしてくれることにある。サイトのチュートリアルでは、色ベースでのリコメンドだった。
例えば、赤いバッグをどこかのお店でスキャンすると、他のブランドの赤いバッグはこれという風に見ることができる。精度の高さはまだわからないが、当然今の目の前の商品のほうがいいと思えば買えばいいわけだし、リコメンドされたもののほうがいいなと思えば、そこから決済までしてしまえばわざわざ歩いて買いに行く必要もない。
ライバルサービスにasap54というのもあったので、こちらも興味があれば見てみてほしい。

あっちにしようかな、やっぱりこっちにしようかなと女子は一日中買い物のために歩き回るのだが、それに付き合う男子は結構しんどいと思っている人はいると思う。個人的には日本でも同様のアプリがあるなら彼女に使ってみてほしい。彼女いないけど。

【会社情報】
設立年 2012年
従業員数 未確認(2014年4月現在)

【資金調達】
$16.7M(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 1081いいね!(2014年4月現在)
twitter 249いいね!(2014年4月現在)


By

vol.296 送った動画のリアクションをこちらで見れる『samba』

http://www.samba.me/

【概要】
送った動画のリアクションをこちらで見れる

【ビジネスモデルポイント】
概要まんまではあるのだが、動画を見てもらうのが一番わかりやすく、
1分ほどの動画なのでちょっと見てみて頂きたい。

直感的に面白い!と思ったのだが、まだ日本のメディアでは取り上げられてない?模様で
今このzer0baseというブログのバナーを張って頂いている有名なテック系オピニオンメディアのThe Startup運営者の梅木雄平さんとこのsambaというサービスの可能性についてディスカッションしたところ
ロジックで右左に分けれず可能性がないわけではないという着地をしたのだが、
もしこのサービスが将来大きくなるのであれば、このブログに先見の明ありということで、他のメディアに取り上げられる前に、このブログで取り上げてしまえと思ったのでもう公開。

自撮り、いわゆるselfieカルチャーが盛り上がってきている中で、そんな数あるサービスのうちの一つ。
snapchatやvineというのは動画アプリの中でもこういうニーズや、課題に対しての解決というのがよくわかる。
が、こちらのサービスの課題というか、目指したいことというのは
『嘘のない相手の最初のリアクションを見てみたい』

ここなのだと思う。

正直、ビジネスモデルとかいうのはイメージできていないし、どこでマネタイズしようと運営者が
考えているかもわからない。フェイスブックや、SMS系企業にバイアウトを狙っているのかもしれない。

最初に送るのが、動画だけじゃなくても、それこそテキストで送った渾身のボケや、愛のメッセージなどに対して
の最初のリアクションの表情を見てみたいというのもあるのではないかと思う。

【会社情報】
設立年 2013年
従業員数 未確認(2014年4月現在)

【資金調達】
$630K(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 51いいね!(2014年4月現在)
twitter 56いいね!(2014年4月現在)


By

vol.295 出会い系×ゲーミフィケーション『elimiapp』

http://www.elimiapp.com/

【概要】
一人の女の子が投げるタスクで一番いい回答をした男が交渉権を得るゲーム

【ビジネスモデルポイント】
なるほど面白いアイディアと思った。スタートアップのピッチ大会を開催する団体で有名なstartup weekendのロンドン大会で優勝したアイディアだそう。
もともと、この団体のコンセプトとしてはその名の通り、週末の3日間、つまり金曜日の夜から日曜日の夜にかけての実質2日間を使ってアイディアの構想から、果てはモック作りまでを行ってピッチを行いVCなどから講評をもらうというような大会で、2,3日間考えて出たようなアイディアだなとは思った。

以前このサービスをちらっと見たときは面白いなと思ったのだが、今現在では紹介動画はなぜか見れず、フェイスブックいいねも50ぐらいと恐らくもうワークしていないとは思われるのだが、ないわけではないというサービスだと思うので是非紹介したい。

コンセプトは概要にある通りで、こういう出会い系っていうのは女の子がいて初めてなんぼというようなもので、一人の男性に女の子が群がってメールを投げまくるというよりは、その逆でかわいい子に男が群がるのが普通。実際、試しになりすましで女性として登録してみると延々と男からメールが来る。

だが、女性側としてはその大量に来るメールを全部確認はしていられない(人によるが)、であれば手っ取り早く私の課題をクリアできる男とだけ会いたいわ、そんな感じである。
例えば、あなたの一番好きなものは何?、ベストムービーは?、とかぶっちゃけ金の話もさっさと質問してしまってもいいかもしれない。
しかも時間を設定できるので、あれこれ考えずに直感で答えさせようとしている工夫がある。
そこで、一番ピンとキタ男性だけが、交渉権を勝ち取れて、メッセージのやり取りや進む。

面白くないですかアイディアとして?
引っ越し業者から相見積の電話が10件ぐらい来るのもうっとうしいので、ぶっちゃけいくらでできるの?っていうのをアプリでできればよい。
toBの相見積でもそんなに単純な交渉ではないにしてもスクリーニング段階ではありだと思う。

【会社情報】
設立年 2012年
従業員数 7人(2014年4月現在)

【資金調達】
$135K(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 51いいね!(2014年4月現在)
twitter 56いいね!(2014年4月現在)


By

vol.294 バーチャル家具購入体験『sayduck』

http://www.sayduck.com/

【概要】
この家具をこの部屋に置いたらどんな感じかなを3Dバーチャルで事前に体験できるサービス

【ビジネスモデルポイント】
概要と、紹介動画をみてもらえればこのサービスの内容はわかると思う。
コンセプトとしては、オンラインとオフラインでの購入体験のギャップを埋めること、なかなかわかりやすいフレーズにまとめたなと思う。
このサービス運営者が提携している家具やアパレル企業の商品を、タブレットで実際の部屋や今自分が持っている服の上にかざすと、この部屋のインテリアとしてフィットするかどうか、もしくは靴と合うかどうかなどをバーチャリスティックに見ることができる。
いわゆる百聞は一見に如かずというやつである。

個人的にアパレルとなると、相当色のこだわりがあったり、買い物に対して慎重な人ならば利用シーンにハマるのかもしれないが、ただしipadがないといけないので(もちろんスマホでもそのうちできるようになるだろうが)、そこの時間コストとの天秤にかけるとどれぐらいの人が使うのか。

家具に関しては大きな買い物なので、事前に部屋との調和を見たいというのは結構あるかもしれない。サイズ感もバーチャル上で調整することもできるので、この隙間に入るのかとかもそうだし、家具の形はよくても色を変えてみるとどうなるかとか。実際、このサービスでは、ワンタッチで椅子の色を黄色にしてみるとどうなるかなども見ることまでできる。

その逆はないのかと考えてみたが、部屋の写真を取っておいてリアルな店舗に行ってこの家具を部屋にあてはめられるか、というのも可能は可能だろう。
ただ主要なのは前者で、そこから購入までのプロセスもシンプルなので、コンバージョンレートも上がり、何より返品自体が少なくなったらしい。

費用は公表していないが、まずはフリートライから可能。

【会社情報】
設立年 2012年
従業員数 15人(2014年4月現在)

【資金調達】
$982K(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 398いいね!(2014年4月現在)
twitter 600いいね!(2014年4月現在)


By

vol.293 アルゴリズム×投資『quantopian』

https://www.quantopian.com/

【概要】
アルゴリズムを使って、最適な投資ポートフォリオを科学的に体系する

【ビジネスモデルポイント】
シブいサービスではある。
そりゃ、システム的に最適な投資戦略を完全自動でピピッとはじき出してくれて、アップルの株を何株買い増しせよとか出たら最高だろう。
誰でも、同じことは考えてはいるに決まっているが、より精度高く実現したところはぼろ儲けできる分野だと思う。

筆者自身は投資もしなければ、技術屋でもないのでこのサービスの詳細を説明することはできないのだが、
天才が考え出した投資アルゴリズムを提供して金を払えばこっそりその裏ワザが使える、、とかっていうクローズドなわけではなくて、アルゴリズムを使って投資戦略を立てている世界中の天才のアルゴリズムをコピーして自分のシステムにも取り込める、もしくはこんなアルゴリズム考えてみた、これだけ儲かってるんだけど、これどう?みたいなコミュニティ内の15000人の天才達にフィードバックをもらうというようなオープンソースなサービスとなっている。
実際、アルゴリズムというのかマーケットの変化を見るAPIとかとか公開されている。

実際、最近のポストということで誰かが立てたスレッドで、これだけ運用成績が出ているというのをアルゴリズムを構成するコードと、成果のグラフが示されているのだが、成果は着実に出ており、それをコピーしている人間も100人近くいる。それが多いかどうかは別としても、公開することでどやっ!みたいな自己顕示欲みたいなのを満たしている人間もいるだろう。

費用に関しての記載が無いので現在はマネタイズは考えていないみたいだが、それこそコピーするだけで自分の投資成績が上がるとかっていうぐらい素人でも使えるものになるならば、いくらでもマネタイズは可能だろう。

サービス運営者は、感情に捉われた投資を辞めよと言っているが、それには賛否両論あるとは思う。結局、人間の心理が起点なわけなので。
あー、でもこんな天才に生まれたかった。

【会社情報】
設立年 2011年
従業員数 未確認(2014年4月現在)

【資金調達】
$8.8M(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 500いいね!(2014年4月現在)
twitter 1810いいね!(2014年4月現在)


By

vol.292 モバイルアプリfor営業マン『lowdownapp』

http://www.lowdownapp.co/

【概要】
打ち合わせ場所へのナビ、相手のプロフィールの事前確認を手軽にアプリでできる

【ビジネスモデルポイント】
このアプリが特別すごいとは思わないとか言うと怒られそうではあるのだが、
(たまにサービス運営者から直接ツイッターとかで日本語でうちのサービスについて書いてくれてありがとう的なリプライが来たりするので)、
では日本において同様な営業マンにとってのイケてるアプリってどれ?って言われて思いつかなかったのでなぜなのかという意味も含めてエントリー。

利用シーンとしては今日のA社とのランチミーティングはどこどこの喫茶店で、山田部長と鈴木課長が来られる予定だ。
ここまでは事前に分かっているケースはあると思うのだが、忙しい営業マンがより営業のコンバージョン(というのかリアルの世界では?)率を高めるためには、当然どれだけ忙しくても待ち合わせに遅れてはいけないし、打ち合わせ相手のプロフィールを一つでも二つでも仕入れておいて、気持ちよく営業の話を聞いてもらえるように工夫することも必要だろう。

このサービスの仕組みとしては、ミーティング場所を設定しておくと、現在地から徒歩ならこのルートで何分、電車なら、タクシーなら、、というような感じで現地までナビをしてくれる。更に、今日の打ち合わせ相手のプロフィールを手軽に事前に見ることができる、山田部長の経歴および、会社情報などなど。
プロフィール自体はリンクドインやツイッターなどから引っ張ってきているようで、ここが肝かなと。相手もこのアプリをダウンロードしていることが前提じゃないと、結局自分でフェイスブックとかで探したりするのだと思うし、それでは今までと変わらない。

ユーザー数などは公表しておらず、どうやってグロースさせていくのかなと思うのだが、一度名刺交換だけを交わした人と次のフェーズで打ち合わせっていうシーンが多いのであれば、名刺管理アプリとかはいろいろあるので、そういうところと提携するとか?

【会社情報】
設立年 2013年
従業員数 4人(2014年4月現在)

【資金調達】
$242K(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook なし(2014年4月現在)
twitter 280いいね!(2014年4月現在)


By

vol.291 プログラミング勉強ゲーム『checkio』

checkio.org/

【概要】
プログラミングをゲームを攻略しながら学ぶサービス

【ビジネスモデルポイント】
海外ではプログラミングを学習するためのサービスはどんどん出てきていて紹介しきれないぐらいあり、ゲーミフィケーションをうまく取り入れて、退屈な?プログラミングの勉強を少しでも楽しく、長続きできるような工夫をしているサイトもいくつかある。

crunchbaseページ
サービスはログインしてどんどん進めていかないと概要が見れないので、crunchbaseで紹介されているスクリーンショットを見てもらうと分かりやすいかと思うのだが、恐らくRPGのクエスト的な感じでどんどんクリアしながら次の島へと進むみたいな流れなんだと思う。

サービスの目的としては、学習の手助けだけではないようで、恐らくその目的がどれだけ達成できるかで大きくなるか、あまたある学習サイトに埋もれて消えていくかが決まるように思う。
というのも、サービス運営者が掲げるコンセプトとしては、熟練したコーダーは、新人コーダーに対して新しいミッションの島でも山でも川でも作ることで自分の知識を伝授したり、シェアしたりする場として使ってほしい、企業側は熟練したコーダーを探し出す場として、またはポテンシャルのある人間を育てる場として使ってほしいということらしい。または、グーグルアイランドとか企業が自分で作ってそこのミッションをクラウドソーシングで解かせることも考えているようだ。

日本ではShareWisがコンセプトとか、UIとかが似てるような気がする。
コンセプトは非常にビジョナリーだと感じたが、解決の切り口がゲームっぽくするっていうことの発想が安易な気もしないが、著名かどうかは別として多くの投資家が投資していることからも一応注目。

【会社情報】
設立年 2011年
従業員数 10人(2014年4月現在)

【資金調達】
$748K(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 463いいね!(2014年4月現在)
twitter 540いいね!(2014年4月現在)