zer0base

海外スタートアップおもしろサービスを独断と偏見で纏めています。

By

自分で撮った日常写真をオンラインで販売できる『glapho』

http://www.glopho.com/

【概要】
日常生活でスマホで撮った写真をオンラインで投稿して販売できるサイト。

ビジネスモデルポイント
写真の金額は掲載されていなかったが、運営者と投稿者の取り分は50/50.いかにもよくありそうなサービスじゃないかというところだが、面白いなと思ったポイントは、風景画像だけでなくコンサートの一場面や、政治家の演説、マラソン大会の一場面など、あなたも市民のジャーナリストになろうみたいなわかりやすいコンセプトを打ち出しているところ。後、こういう写真が欲しいというのをリクエストとして挙げると、ソーシャル上で参加しているメンバーが要望の写真を撮って販売するということも可能というのが面白い。ブロガーなども自分の記事にいい題材の写真を載せたい場合に、有料で買うことによって権利を気にせず投稿ができるというところでも利用シーンとしては少なくないと思われる。

会社情報
設立 2011年
従業員数 3名

資金調達
現在までに合計$696k調達。

sns活用状況
facebook 18799いいね!(2013年6月)


By

映画好きが映画館で見たい映画を観れる『Flickstart』

http://flicstart.com/

【概要】
映画好きな人が、このサービスが提携している近所の映画館で見たい映画を上映してくれるサービス。自らがイベントして昔の人気映画や外国映画、起案者自身のフィルムなどリクエストとして投稿すると同じく見たい参加者が一定数集まれば上映実施。

ビジネスモデルポイント
費用に関しての記載はないが、グルーポンの様に一定の客数が集まらないと上映は実施されず、観客も映画館側も費用は発生しないので、固定課金ではなく成果報酬型。映画館側はノーリスクで、空いている上映館を貸し出すことができて(BLOGOS)それで十分経営が回っているらしいが、日本でもそういや同じサービスのドリパスがヤフーに買収されてたの忘れてた。