zer0base

海外スタートアップおもしろサービスを独断と偏見で纏めています。

By

vol.331 パーソナルアシスタントバイヤー『fetch』

https://buywithfetch.com/

【概要】
欲しい商品を伝えるだけでパーソナルアシスタントが代わりに購入してくれる

【ビジネスモデルポイント】
更新が滞っておりまして申し訳ありません。

https://pacirii.com/

paciriiという、リブセンスの新卒チームが新卒研修の一環として期間限定のサービスとして行っていたが、似たようなもの。
パシリーでググってみたら、パシリーというコンセプト同じのアプリを全く別の会社?と思われるところが出しているのだが、これはアリなのか?

当サービスに関しては、欲しいなと思う商品の概要だったり、写真を使ってサービス運営者にピュッとSMS的に送ると、運営者が人力で探し出してくれて
商品が問題なければ発送までやってくれるというもの。

なので商品購入、発送代行サービス。

もちろん自分の時間を稼げるのでニーズはあるだろうが、一部手数料を取ったとしても人力でやってる分、利益率みたいなところは限りなく低いのではないか。

購買データをビッグデータレベルな規模までこれば、それこそ人工知能的なアプローチで、人力ではなくAIがリコメンドしてくれるまで持ってこれるので
あればそりゃすごい。先々それぐらいまで目指しているのであれば、VCから金を引っ張ってこれる意味がわからない。

【会社情報】
設立 2013年
本社 Oakland, CA

【資金調達】
$2.3M (2014年12月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 683いいね! (2014年12月現在)
twitter 1212フォロワー(2014年12月現在)


By

vol.330 使わなくなったスマホ×歩行量調査『placemeter』

http://www.placemeter.com/

【概要】
歩行者通行量調査をデジタルでやってしまうサービス

【ビジネスモデルポイント】
これ、個人的にすごい刺さるサービス。
3ヶ月に1回ぐらい、交差点やら駅やらで椅子に座ってアルバイトがカチカチ歩行量を調査しているあれ。
最高にアナログだなと思っていて、一部数え漏れもあるだろうし、何より費用がかかってしょうがないでしょうと。もちろんそれをデジタルで勝手にデータ収集していたらプライバシーがどうのこうのっていうところが一番引っかかるんだろう。

サービスの概要としては、使わなくなったスマホを自分の家の窓際に設置して、それがセンサーとなって歩行量などを自動的に調査してくれるというところ。
このサービスの面白いなと思ったところは二つあり、
1つ目は使わなくなった古いスマホをセンサーにするところで、ユーザーからのクラウドソーシング的データ収集をしているところ。
2つ目はデータ収集に協力してくれるユーザーには毎月50ドルまでのギャラが支払われるところ。

もちろんプライバシーの配慮は最大限行ってますとのことで、歩行量の数を数えるだけで画像認識をして個人特定はやってないということらしいが、果たして。

でも、超絶アナログだなと思えるところをデジタルで置き換えたなーと思えたところがすごく刺さった。ただ一人毎月最大50ドルってなると月々の費用がどれぐらいになってるのかが気になるな。あと、歩行量調査って都市デザイン設計のためみたいだが、クライアントって国がメインになるのか?いずれにせよ公共性は高いサービス。

【会社情報】
設立 2012年
本社 New York, NY

【資金調達】
$7.8M (2014年11月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 286いいね! (2014年9月現在)
twitter 1321フォロワー(2014年9月現在)


By

vol.329 人工知能によるパーソナルアシスタント『x.ai』

https://x.ai/

【概要】
人工知能によるアシスタントがミーティングの時間取りをしてくれるサービス

【ビジネスモデルポイント】
インベスターを見ると、ソフトバンクが投資してたりする。
pepperとか開発するぐらいなので、人工知能サービスはあまねく注目しているのかも。

サービスのコンセプトももうそのままで、人工知能によるパーソナルアシスタントが勝手にミーティングのスケジューリングをしてくれる。
プロセスとしては、メールでccでアシスタントのアドレスにメールを送るだけで、後は勝手に日取りとか場所まで決めてくれる。
アシスタントとは言えど、もちろん機械。amyという名前の。
これ、メール送ってこられたほうはどうなのかな。というのも、後はamyが変わりにスケジューリングしてくれるからamyと宜しくっていうような送り方になる。機械と打ち合わせてねってことなんだけども、こういうのが当たり前になるのか。

ちゃんとアシスタントは、双方の好みや、現在の制約状況なども全部加味して最適なスケジューリングをしてくれるということなのだが、確かにこういうコピーロボットが欲しいなと思ったのは私だけではないはず。これソフトバンクが買収したりして。という緩い予測。結構適当に予測してるけど当たってるんですよねこのブログで。

【会社情報】
設立 2014年
本社 New York, NY

【資金調達】
$2.1M (2014年9月現在) 

【SNS活用状況】
twitter 777フォロワー(2014年9月現在)


By

vol.328 生産者直結マーケットプレイス『farmstr』

https://www.farmstr.com/

【概要】
海産、畜産、野菜など生産者から直接購入できるサービス

【ビジネスモデルポイント】
八面六臂という漁業に特化して、中抜きサービスが流行っているがこのサービスは畜産、野菜も含めた総合ポータル。
こういうサービスは本当にインターネットらしいサービスでいいな。卸売業者、小売業者泣かせだとは思うが、テクノロジーの前では問答無用。

取引にあたっての手数料などは書いていないのだが、マッチングサイトは発注者、受注者両方ともバランス良く集めてこないといけないので非常に難しい。現在筆者が運営している求人サイトもなかなか大変だなと思いながら一定の閾値を超えればなかなか揺るぎないプラットフォームになると信じて、弛まず走るのみ。

クランチベースでは競合サービスが5つぐらいピックアップされているのだが、日本ではこういった総合ポータルは見当たらない。特化させたとしてもなかなか日本では既存の業者からの反発もありそうで難易度は高いのだろう。あと注文を受けるだけではだめで、配送も含めたところの仕組みづくりも相当難易度高そう。

【会社情報】
設立 2013年
本社 Seattle, WA

【資金調達】
$1.3M (2014年9月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 2658いいね! (2014年9月現在)
twitter 1フォロワー(2014年9月現在)


By

vol.327 スマートクッキング【anova culinary】

http://anovaculinary.com/

【概要】
真空調理をITでスマートに

【ビジネスモデルポイント】
クラウドファンディングで$1.3M調達。
全然知らなかったが、真空調理法というものがあるらしい。プロダクトの紹介動画では、真空パックに詰めた鶏肉をこのプロダクトを突っ込んで、溜めた水の中に放り込んで、『チキン+照り焼き』みたいなボタンを押して待つだけ!
みたいなことを言ってるが、最適な温度管理をしてくれるようである。
真空調理法の詳しい説明はこちら↓
真空調理法

ちょこちょこ料理系のガジェットも調達しているのを見るので、【キッチン ガジェット】とかで調べてみると、海外ではまとめがそれなりに出てくるので、それの情報ポータルサイトってのは無しか?ニッチ過ぎるかさすがに。 

【会社情報】
設立 2013年
本社 Stamford, TX

【資金調達】
$1.3M (2014年9月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 28443いいね! (2014年9月現在)
twitter 1224フォロワー(2014年9月現在)


By

vol.326 アルゴリズムをお買いもの『algorithmia』

https://algorithmia.com/

【概要】
アルゴリズムのマーケットプレイス

【ビジネスモデルポイント】
一昨日、海外のテック系ブログを見てたら調達のニュースが流れてきて、なんとなくピンと着たのでとりあえずエントリー。
インベスターを見てると、楽天も出資してるようだ。

APIを販売するサイトはいくつかあるのだが、アルゴリズム自体のマーケットプレイスは初めて見た、もちろん自分が登録したアルゴリズムがAPIで呼びだれるたびにチャリンチャリンいうシステム。手数料を恐らく運営者はいくらか抜き出すモデルのはず。

アルゴリズムとAPIの違いがよくわからないのですが、アルゴリズムのマーケットプレイスができたぐらいだから、もちろん意味もニーズも違うのでしょう、でも今までなんでなかったのだろう。
そもそもこういうマーケットプレイスってやはりどうしてもニッチな気がして、スケールするのか、となるとエグジットはどういうイメージなのか全く想像つかない。よくわからんが、githubとかに買収してもらうのだろうか。

【会社情報】
設立 2013年
本社 Seattle, WA

【資金調達】
$2.4M (2014年8月現在) 
Rakuten Venturesら

【SNS活用状況】
facebook 4677いいね! (2014年8月現在)
twitter 228フォロワー(2014年8月現在)


By

vol.325  Eメール×ビジネスインテリジェンス『tipbit』

https://www.tipbit.com/

【概要】
Eメールの内容から関連するソーシャル情報をリコメンドして提示してくれるアプリ

【ビジネスモデルポイント】
超大手VCのAndreessen Horowitzの出資案件。
技術的にすごいんだろうことはたぶん動画とかさらさらっと見てもらえればなんとなく
わかるはず。
逆になんとなくしかわからないぐらい、一言でこの機能がすごい!っていう感じではない。

Gメールやヤフーメールでも、メールの内容を解析して最適な広告文章が提示されるのだが、その内容に関わる『人』の情報だったり、自分のソーシャルグラフの情報を提示してくれるイメージ。
ケースとしては、WEB広告を出稿しようとしていてとある営業担当とメールのやりとりをしていたら他の会社のWEB広告担当の人が自分のfacebookの友人にいたりすると、リコメンドされるとかtwitterで友人が低評価のツイートをしていたとか、そんな感じなのかな。

恐らく天才の企画者と技術者が設計しているんだろうが、全世界で誰しも使うアプリになるとはイメージできない。買収される提でやっているはず。
以前、このzer0baseで取り上げたemuというインテリジェンス系アプリも結局googleに買収されたし、これもたぶんそのうち買収されるはず。

【会社情報】
設立 2011年
本社 Bellevue, WA

【資金調達】
$6M (2014年8月現在) 
Andreessen Horowitzら

【SNS活用状況】
facebook 4677いいね! (2014年8月現在)
twitter 228フォロワー(2014年8月現在)


By

vol.324 ブランドロゴ×カメラ×マーケティング『logograb』

http://www.logograb.com/home/

【概要】
ブランドロゴをカメラアプリでスキャンするとブランド情報がどこでも見れるサービス

【ビジネスモデルポイント】
サービス内容は概要一言で事足りる。
マクドナルドの公式アプリが例えば無かったとして、街中にマクドナルドの看板があるわけだが、
特にアメリカとかだとハイウェイとかにも看板があったような気がするが、
カメラアプリでスキャンすると、そのブランドのディスカウントオファー情報から、
そのブランドに関するレビューからっていうのがどこでも見られるというのがこのサービス。

ということは、企業側から広告とかマーケティグの費用を取るマネタイズなのだろうが、
このアプリを知っている人はどれぐらいいるのだろうか。
公式アプリを開けばマクドナルドでもなんでも、クーポンみたいものはゲットできるだろうから、
どこでもスキャンできるというのは売りにならないように思う。
そのブランドに対してのレビューを見るためにスキャンするわけもないと思う。

コンセプトとしては面白いのかなと思ったが、どう考えてもサービスがスケールというか
一定数使われるところまでいくイメージが全くわかない。
ロゴ認識の技術は特許取得済みみたいだが、どこでもそれぐらい作れるんじゃないの?
アメリカなら1億円調達ぐらい当たり前でこっちでいうところの1000万調達だが、
そのお金をうちに投資してください。

【会社情報】
設立 2012年
従業員 4名

【資金調達】
$1M (2014年8月現在)

【SNS活用状況】
facebook 239いいね! (2014年7月現在)
twitter 100フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.323 スタートアップ投資ポータル【fundacity】

http://www.fundacity.com/

【概要】
スタートアップ投資ポータル

【ビジネスモデルポイント】
珍しい。なんと、これブラジルのWEBサービス。
というか、そりゃあるだろうけどこんなところのサイトを引っ張り出してくるブログは
たぶんこのzer0baseだけでしょう。
筆者の目標は世界中のスタートアップを現地で探し出してきて、誰よりも早く
発信することなので、こういうマニアックな土地のスタートアップはかなり興味がある。

スタートアップのポータルサイトで、VCなり投資家なりは有望な投資対象に
なり得そうなスタートアップを検索することができる。
逆に投資家も登録しており、スタートアップは投資家やVCを検索することが
できると。

100か国以上で使われており、スタートアップの登録数は3500、投資家団体は450を超える。

日本のサービスでもスタートアップポータルはあるが、
なかなかそのサイト内から積極的に投資の交渉ができるようなUIにはなっていない。
もちろん難しいとは思うのだが。
逆に完全に投資目的のエンジェル投資家検索サイトなどあるのだが、月額有料制で
お金が無いから困っているのに起業家側から課金するモデルになっていたり。

クラウドファンディングはそういう意味で、有望なスタートアップやビジネスに
割とライトなノリで投資できるUIなのだなと違う角度から納得した。

【会社情報】
設立 2012年
Belo Horizonte

【資金調達】
$304K (2014年8月現在)

【SNS活用状況】
facebook 554いいね! (2014年7月現在)
twitter 2373フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.322  イタリアの政治的クラウドファンディングサイト『DeRev』

https://www.derev.com/en/

【概要】
イタリアの政治的クラウドファンディングサイト

【ビジネスモデルポイント】
イタリアはナポリで運営されているクラウドファンディングサイト。
これまたマニアックなものを我ながら見つけてしまった。

ちょいちょいイタリア語で書かれているので、プロジェクトがよくわからないのだが、
このクラウドファンディングサイト、政治的プロジェクトに対する
支援を募っており、サービス名のReVはレボリューション、革命を意味する。

運営者の手数料が書いてない、むしろalways will be freeって書いてるから、
もはや収益度外視で完全に無料の場にするのだろうか。
まぁ政治的革命を起こすことがこのサービスの目的なら、せこく手数料20%もらいますよ
っていうのもなんかね。

で、クラウドファンディングなので投資すればこれこれの見返りがありますっていうのを
見たいのだが、いかんせんイタリア語でgoogle翻訳見てもさっぱり革命的なことなんだろう
というのはわかるが、どんなリターンがあるのかはわからない。

日本の政治サービスってなんでそんなに無いのかなと思ったが、
naverまとめがあった。やっぱりこれっていうのが無い。
政治サービスまとめ

【会社情報】
設立 2012年
Naples

【資金調達】
$1.5M (2014年7月現在)

【SNS活用状況】
twitter 4211フォロワー(2014年7月現在)