zer0base

海外スタートアップおもしろサービスを独断と偏見で纏めています。

By

vol.327 アメリカ特有の消費税回収サービス『taxjar』

http://www.taxjar.com/

【概要】
州ごとに違う消費税率の複雑さを解決するための会計サービス

【ビジネスモデルポイント】
日本は一律8%の消費税なので、知らない人はびっくりするかもしれないが、というか自分も初めて聞いたときはびっくりしたのだが、
アメリカの消費税、正確には売上税というのだが、51州ごとに税率が違う。極端な話、オレゴン州など売上税が0円のところもある。興味がある人はこちらの例えばこんなブログで説明されているのでどうぞ。
アメリカの売上税

売上税がゼロ円のところでPCなど比較的高価なものを購入して売上税が高い州の買い手に転売するサービスが成立していないのは何故なのかが結構疑問に思っており、誰もやらないなら将来やりたいと思っている。使用税というスキームで解決したいらしいのだが、まともにその商品を自分の州で使用していますという申告する人は性善説とか抜きにしているのか本当に。

とまぁ、世界にはこうしていろいろ疑問な法律や、商慣習があるのだが、複雑なことは間違いなく、どこの州で購入して、どこで販売したかなどいちいち手計算で管理はしていられない。それを解決するサービス。細かい機能とかは結構どうでもよく、あるべきものとして存在しているサービスだと思える。

【会社情報】
設立 2013年
本社 San Diego, CA

【資金調達】
$600K (2014年8月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 484いいね! (2014年8月現在)
twitter 379フォロワー(2014年8月現在)


By

vol.323 スタートアップ投資ポータル【fundacity】

http://www.fundacity.com/

【概要】
スタートアップ投資ポータル

【ビジネスモデルポイント】
珍しい。なんと、これブラジルのWEBサービス。
というか、そりゃあるだろうけどこんなところのサイトを引っ張り出してくるブログは
たぶんこのzer0baseだけでしょう。
筆者の目標は世界中のスタートアップを現地で探し出してきて、誰よりも早く
発信することなので、こういうマニアックな土地のスタートアップはかなり興味がある。

スタートアップのポータルサイトで、VCなり投資家なりは有望な投資対象に
なり得そうなスタートアップを検索することができる。
逆に投資家も登録しており、スタートアップは投資家やVCを検索することが
できると。

100か国以上で使われており、スタートアップの登録数は3500、投資家団体は450を超える。

日本のサービスでもスタートアップポータルはあるが、
なかなかそのサイト内から積極的に投資の交渉ができるようなUIにはなっていない。
もちろん難しいとは思うのだが。
逆に完全に投資目的のエンジェル投資家検索サイトなどあるのだが、月額有料制で
お金が無いから困っているのに起業家側から課金するモデルになっていたり。

クラウドファンディングはそういう意味で、有望なスタートアップやビジネスに
割とライトなノリで投資できるUIなのだなと違う角度から納得した。

【会社情報】
設立 2012年
Belo Horizonte

【資金調達】
$304K (2014年8月現在)

【SNS活用状況】
facebook 554いいね! (2014年7月現在)
twitter 2373フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.322  イタリアの政治的クラウドファンディングサイト『DeRev』

https://www.derev.com/en/

【概要】
イタリアの政治的クラウドファンディングサイト

【ビジネスモデルポイント】
イタリアはナポリで運営されているクラウドファンディングサイト。
これまたマニアックなものを我ながら見つけてしまった。

ちょいちょいイタリア語で書かれているので、プロジェクトがよくわからないのだが、
このクラウドファンディングサイト、政治的プロジェクトに対する
支援を募っており、サービス名のReVはレボリューション、革命を意味する。

運営者の手数料が書いてない、むしろalways will be freeって書いてるから、
もはや収益度外視で完全に無料の場にするのだろうか。
まぁ政治的革命を起こすことがこのサービスの目的なら、せこく手数料20%もらいますよ
っていうのもなんかね。

で、クラウドファンディングなので投資すればこれこれの見返りがありますっていうのを
見たいのだが、いかんせんイタリア語でgoogle翻訳見てもさっぱり革命的なことなんだろう
というのはわかるが、どんなリターンがあるのかはわからない。

日本の政治サービスってなんでそんなに無いのかなと思ったが、
naverまとめがあった。やっぱりこれっていうのが無い。
政治サービスまとめ

【会社情報】
設立 2012年
Naples

【資金調達】
$1.5M (2014年7月現在)

【SNS活用状況】
twitter 4211フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.318 投資×クラウドソーシング『estimize』

http://www.estimize.com/

【概要】
不特定多数の投資家の投資予測のプラットフォーム

【ビジネスモデルポイント】
日経新聞とかで日経平均予測みたいな予測をさせてドンピシャに予測した人は
賞金がもらえるとかいうのがあるが、
とある株に対して不特定多数の人間が先々の動きを予測して登録する?
ようなプラットフォーム。

4500人の投資家が使っており1000近くの銘柄を予測している、
ウォールストリートジャーナルの予測よりも70%近く正確だそうだ。

そういう意味で一人の専門家より不特定多数の素人のほうが賢いというような
クラウドソーシングの醍醐味が活きているサービス。

特に今はマネタイズには力を入れておらず、投資予測の結果を吐き出すAPI的なものを
有料で販売するかもぐらいのスタンス。

最終的に投資に興味ある人が知を得れるプラットフォームにしたいみたいだが、
投資に全く興味のない自分でもいい感じのテクノロジーの匂いがした。

【会社情報】
設立 2011年
従業員 10名(2014年7月現在)

【資金調達】
$2.6M (2014年7月現在)

【SNS活用状況】
twitter 3646フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.293 アルゴリズム×投資『quantopian』

https://www.quantopian.com/

【概要】
アルゴリズムを使って、最適な投資ポートフォリオを科学的に体系する

【ビジネスモデルポイント】
シブいサービスではある。
そりゃ、システム的に最適な投資戦略を完全自動でピピッとはじき出してくれて、アップルの株を何株買い増しせよとか出たら最高だろう。
誰でも、同じことは考えてはいるに決まっているが、より精度高く実現したところはぼろ儲けできる分野だと思う。

筆者自身は投資もしなければ、技術屋でもないのでこのサービスの詳細を説明することはできないのだが、
天才が考え出した投資アルゴリズムを提供して金を払えばこっそりその裏ワザが使える、、とかっていうクローズドなわけではなくて、アルゴリズムを使って投資戦略を立てている世界中の天才のアルゴリズムをコピーして自分のシステムにも取り込める、もしくはこんなアルゴリズム考えてみた、これだけ儲かってるんだけど、これどう?みたいなコミュニティ内の15000人の天才達にフィードバックをもらうというようなオープンソースなサービスとなっている。
実際、アルゴリズムというのかマーケットの変化を見るAPIとかとか公開されている。

実際、最近のポストということで誰かが立てたスレッドで、これだけ運用成績が出ているというのをアルゴリズムを構成するコードと、成果のグラフが示されているのだが、成果は着実に出ており、それをコピーしている人間も100人近くいる。それが多いかどうかは別としても、公開することでどやっ!みたいな自己顕示欲みたいなのを満たしている人間もいるだろう。

費用に関しての記載が無いので現在はマネタイズは考えていないみたいだが、それこそコピーするだけで自分の投資成績が上がるとかっていうぐらい素人でも使えるものになるならば、いくらでもマネタイズは可能だろう。

サービス運営者は、感情に捉われた投資を辞めよと言っているが、それには賛否両論あるとは思う。結局、人間の心理が起点なわけなので。
あー、でもこんな天才に生まれたかった。

【会社情報】
設立年 2011年
従業員数 未確認(2014年4月現在)

【資金調達】
$8.8M(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 500いいね!(2014年4月現在)
twitter 1810いいね!(2014年4月現在)


By

vol.290 ソーシャルマーケットアナリティクス『socialmarketanalytics』

https://www.socialmarketanalytics.com/

【概要】
ツイッターでのつぶやきが金融マーケットに及ぼす影響を分析するマーケティングツール

【ビジネスモデルポイント】
タイトルが、それ以上コンパクトにも冗長にもしようがないぐらいサービス名がコンパクトなので、見出しにも使ったが、

要するに誰かがツイッターでつぶやいたつぶやきを解析して、企業の株価が上がるか下がるかの兆候を高精度な分析によって事前に示唆してくれるというもの。

個人投資家だけでなく、企業のアカウントマネージャーや、ファンドなどもサービス利用者となる。
プロセスとしては3つ
(1)膨大なビッグデータの中から、株に関してのつぶやきを拾い上げてくる。
(2)スパムなどのゴミツイートをふるい落とす
(3)ツイートの内容に点数づけをする。 ここが恐らくポイントだが、有名なファンドマネージャーのつぶやきなどにはランクの重みづけを増すなど。またつぶやきのタイミングなども時間の経過によってランク分けをしているようである。

課金プランとしては29ドルから99ドルで、ウォッチできる銘柄数が増えたりデータをエクセルでダウンロードできたりなどで差をつけているようである。

以前筆者も同様にソーシャル情報×金融というところでアイディアを練っていて一度このゼロベースでも取り上げたがすぐ削除したstocktwitsというサービスがあり、こちらはどちらかというとソーシャルなつながりを利用して株取引のノウハウも共有していこうという雰囲気もある。
このサービスに関しては500startupsで有名なデーブマクルーア氏もツイッターでフォローしており注目しているのかも。

【会社情報】
設立年 2012年
従業員数 未確認(2014年4月現在)

【資金調達】
$410K(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 59いいね!(2014年4月現在)
twitter 765いいね!(2014年4月現在)


By

vol.281 ソーシャルライブブッキングプラットフォーム『rabbl』

https://www.rabbl.com/

【概要】
ソーシャルライブブッキングプラットフォーム

ビジネスモデルポイント
渋谷で5月3日にライブしたいというのをクラウドファンディングみたいな感じで投稿して、ファンからのいいね!的な票が集まれば、運営者がライブ会場からプロモーションから、チケット予約からをバックアップしてくれるというような流れ。クラウドファンディングスキームと同じで、票が目標件数に達しなければ実施しないということでノーリスク。
なのだが、できて1年ぐらい経つと思うのだが、まだ実施されたライブが0件?大丈夫?

会社情報
設立年 未確認
従業員数 未確認(2013年4月現在)

資金調達
$775K(2013年4月現在)

SNS活用状況
facebook 4565いいね!(2013年4月現在)
twitter 986いいね!(2013年4月現在)


By

vol.271 出版×クラウドファンディング『inkshares』

https://www.inkshares.com/

【概要】
出版をクラウドファンディングによる資金調達で応援するポータルサイト

ビジネスモデルポイント
クラウドファンディングとクラウドソーシングというビジネスモデルを初めて知った時には震えたのを思い出す。いろんな特化型のサイトは出てきているが、こちらは出版。大ヒットが出にくくなってきている時代だから出版に対してのリスクを最小限に抑えるクラウドファンディングは相性がいいと思う。
日本ではミライブックスというサイトがそれにあたるが知らなかった、まだまだ知らないことがたくさんある。

会社情報
設立 2013年
従業員数 10人(2013年3月現在)

資金調達
$315K(2013年3月現在)

SNS活用状況
facebook 197いいね!(2013年3月現在)
twitter 296いいね!(2013年3月現在)


By

vol.254 投資対象の企業情報を追いかけるサービス『datafox』

http://www.datafox.co/

【概要】
投資対象の企業情報を追いかけるサービス

ビジネスモデルポイント
独自のアルゴリズムによって、350000社以上の公開、非公開企業の情報をリアルタイムに追跡をして、企業格付けを独自に行い、投資対象か否かなどをランキングと合わせて提示するサービス。
月額499ドルからということだが、運営者曰くアナリストの倍以上の効率を追求するとのこと。
サービスローンチからまだ日が浅く機能のすごさがまだ見えてこないが、注目。

会社情報
設立 2013年
従業員 未確認(2013年3月現在)

資金調達
$1.45M(2013年3月現在)

SNS活用状況
facebook 76いいね!(2013年3月現在)
twitter394フォロワー(2013年3月現在)


By

vol.239 技術オタクの学生が個性を発揮できる場所『gradfly』

https://www.gradfly.co/

【概要】
技術オタクの学生が自分のポートフォリオをオンライン上で公開できるサイト

ビジネスモデルポイント
概要の通り、デザイン、エンジニアリングなどの技術系の学生が自分のポートフォリオ、アイディアベースでもいいのだが、オンラインで公開することによって、その内容から入るべき企業、繋げるべき投資家、もしくは融和性のある技術を持つ学生とのマッチングなどなどスタートアップ要素もあり、ファンディング要素もありということで、まだそこまで着目されているわけではないがいい学生にチャンスを与えるきっかけとなるいいサービス。
個性を立たせる場所を作る、筆者が今目指している世界観。近々サービスローンチ予定。

会社情報
設立 2012年
従業員 4人(2013年2月現在)

資金調達
$150K(2013年2月現在)

SNS活用状況
facebook 172いいね!(2013年2月現在)
twitter225フォロワー(2013年2月現在)