zer0base

海外スタートアップおもしろサービスを独断と偏見で纏めています。

By

vol.319 スカイプ的にプログラミングを指導してもらえる『codementor』

https://www.codementor.io/

【概要】
オンラインでマンツーマンでプログラミングを教えてもらえるサービス

【ビジネスモデルポイント】
概要だけでイメージが付くと思うが、オンライン教育サービスでプログラミングを学べるというのは
もちろんあるのだが、マンツーマンでメンターについてもらえるというのは少なく(多分)、
こちらのサービスは香港発のサービス。

日本でもcodecampというオンラインプログラミングサイト
があるが、こちらはコースで受講するというタイプなのに対して、codementorは分からないときに聞いてみるという
辞書的存在。
教えてほしい!というときに依頼すれば20~30分以内には、どっこいしょとエンジニアが現れる。

基本的に費用は15分で10ドルなのだが、エキスパートクラスのエンジニアからの指導となると、50ドルまで
跳ね上がる。
エンジニアによってはボランティアで無料で指導する人もいるらしい。素晴らしい。

サービス運営者への手数料は20%。高いのか安いのか微妙な値段設定。
今度生まれ変わったらエンジニアになろう。

【会社情報】
設立 2014年
Taiwan

【資金調達】
$600K (2014年7月現在)

【SNS活用状況】
facebook 1522いいね! (2014年7月現在)
twitter 759フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.308 学生向け賃貸情報ポータルサイト『onmyblock』

http://onmyblock.com/

【概要】
学生向け賃貸に特化したポータルで、ソーシャルレビューが閲覧できるサービス

【ビジネスモデルポイント】
ソーシャル要素が盛り込まれた学生向けの賃貸情報を提供するサービス。
それだけに特化している大きなサイトを日本ではそういや聞いたことないなと思ったので、日本のものを検索してみたのだが、当然大手の賃貸情報サービス会社が、ドメインを分けて学生特化のサイトを作ってはいる。
しかし、特化したからより見やすいというわけではなく、せいぜい最初に大学名を打ち込ませて大学に近い物件をひたすらリスティングしているだけなので、通常の賃貸サービスと何も変わらない。

このサービスに関しては本当に学生向けに特化しており、UIもシンプルで悪くないと思った。まだまだ投稿件数は少ないが、その賃貸物件に関するソーシャルレビューもついている。恐らく前住んでた学生のレビューだと思う。
更に、その物件の近くのレストランやハンバーガーショップなどのレビューもあって、もちろんそのレビューを見たからそこに決めた!ってことは無いとは思うのだけどユーザーが作り上げる、生活情報という意味では広告にとらわれない有意義な情報の集まりになりえるのではないか。

更にこれは日本では法律的に成立しないのかもだが、大家に直接この物件に住みたいというのをオンライン上で申し込むがことができて、大家の許可が下りたら住み始めの日程まで決めれる。つまり仲介業者はこのサイトならばいらない。日本でも完全にそうなってほしい。
賃貸に限らず、ほとんどの仲介業者っていうのはインターネットの前ではゼロとは言わないがもう存在感はなくなると思っている。

【会社情報】
設立 2013年

【資金調達】
$840.40k (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook923いいね! (2014年5月現在)
twitter 13フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.307 グッドUI 動画で学びの場『curious.com』

http://curious.com/

【概要】
好奇心をそそられる学びの場

【ビジネスモデルポイント】
タイトルにもあるように、curiosityをそそられるようなUIのサイトに感じた。自分だけかもしれないが。
spinというボタンを押すと、ランダムに講座が選ばれるような感じで、まさにいろいろ学んでみてよ!みたいなサイトの作りになっているし、
アニメみたいなデザインと、動画なのでどこでチャプターが変わるかなども付記されておりとっつきやすく、つかいやすい。

教育のWEBサービスで有名なところはudemyとかだろうが、料理や、写真の撮り方など、ライフハック的な知識を共有しているところに面白みがある。実際、一生涯使える知識の提供をすることがコンセプトらしい。

Times紙が選ぶベストウェブサイト50選にも選ばれたらしい。マネタイズは有料の講座がありそこから手数料を抜いているっぽい。こういうCGM的なサービスは収穫逓増的に儲かるから個人的にはいいビジネスだと思う。

結局最初にいかに面白いライフハック知識を提供できるインフルエンサーを集めてくるかだが、本人にも収益配分するわけなので、詰まる所ソーシャルメディアを使っていかにバイラルさせるかというところがポイントなのだろう。

【会社情報】
設立 2012年
本社所在地 Menlo Park, CA

【資金調達】
$29.5M (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook3461いいね! (2014年5月現在)
twitter 2239フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.305 モバイル×スポーツコーチ『instacoach』

http://instacoach.com/en

【概要】
スポーツプレイの動画をコーチに見てもらってフィードバックが得られるというサービス

【ビジネスモデルポイント】
1分ぐらいの動画があるので、見てもらえればなんとなくイメージはつくと思うのだが、テニスのスウィングや、ゴルフのスウィングなど自分のプレイをモバイルで動画撮影をして、専任のコーチか、もしくは一気に不特定多数のテニスコーチに動画を送ってフィードバックを得られるというサービス。

動画で使われているiphoneが初期のiphoneを使っており、動画もなんかガタガタしていてセンスなさげなサービスなのだが、コンセプトとしては割と面白いかもと思った。全く使われている様子もないし、資金調達もする気がないのか、注目されていないだけなのかわからないが、、

スポーツコーチ、トレーナーのポータルサイトは一応あるはあるんだけど、全くもってお粗末なサイトしかない。筆者はスポーツをやらないのだが、スポーツ好きの友人は割と有名なトレーナーに指導を仰ぎに行っていたりもする。
もちろん一番いいのは、実力のあるコーチにその場でリアルに指導してもらうのがいいに決まっている。とあるサイトではスポーツコーチを派遣すると1時間1万円~という記載があったがそんなに高いのか?このサービスに関しては一切料金の記載はないが、1回動画を送るのに何円とかそういうマネタイズなのだろうか。

スポーツに限らず、スマホで撮影したものをフィードバックしてもらうのは他にもないかね。手相とか。占い師はめちゃくちゃ稼げそう。

【会社情報】
設立 2012年
本社所在地 Dublin

【資金調達】
$50K (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook なし (2014年5月現在)
twitter 650フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.298 ソーシャル&エモーションラーニング『if you can』

http://ifyoucan.org/

【概要】
子供のための対人関係スキルを向上させるためのゲーム開発を行っている会社

【ビジネスモデルポイント】
超著名なVCのAndreessen HorowitzやGreylock Partnersが投資していたので目に留まった。
TOPの画像を見るに、いかにもアメリカンなアニメグラフィックになっており、日本の子供には100%受けないような見た目なのだが、サービスのコンセプトとしては非常に高尚な感じで、対人関係スキルのない子供が現代社会を破壊しているというテーマから、大人が世界平和のために真剣に子供の教育に取り組む必要があるのだというような感じのサービスである。

TOP画面の右上にスライド画像があり、その画像から判断するにゲームの中身自体は別に大したことはないように思える。ゲーム内に出てくるキャラと基本的に対話ベースを通してのRPG的な感じに見える。

対人スキルが向上することで、学校の勉強の成績が何%あがるとか、正しい判断力が身に付くことで正しい食事を行うようになり、健康面でもベネフィットがあるとのことなのだが、なんだかだんだん怪しく見えてきた。

もちろん、いいサービスなのだが、このサービスが特別に優れているような要素を抱えているようには見えず、著名なVCから投資を受けるほどのポテンシャルの大きさも感じない。
なぜ? だけど覚えておこう。

【会社情報】
設立年 2012年
本社 San Mateo CA,USA

【資金調達】
$9.3M(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 353いいね!(2014年4月現在)
twitter 353いいね!(2014年4月現在)


By

vol.291 プログラミング勉強ゲーム『checkio』

checkio.org/

【概要】
プログラミングをゲームを攻略しながら学ぶサービス

【ビジネスモデルポイント】
海外ではプログラミングを学習するためのサービスはどんどん出てきていて紹介しきれないぐらいあり、ゲーミフィケーションをうまく取り入れて、退屈な?プログラミングの勉強を少しでも楽しく、長続きできるような工夫をしているサイトもいくつかある。

crunchbaseページ
サービスはログインしてどんどん進めていかないと概要が見れないので、crunchbaseで紹介されているスクリーンショットを見てもらうと分かりやすいかと思うのだが、恐らくRPGのクエスト的な感じでどんどんクリアしながら次の島へと進むみたいな流れなんだと思う。

サービスの目的としては、学習の手助けだけではないようで、恐らくその目的がどれだけ達成できるかで大きくなるか、あまたある学習サイトに埋もれて消えていくかが決まるように思う。
というのも、サービス運営者が掲げるコンセプトとしては、熟練したコーダーは、新人コーダーに対して新しいミッションの島でも山でも川でも作ることで自分の知識を伝授したり、シェアしたりする場として使ってほしい、企業側は熟練したコーダーを探し出す場として、またはポテンシャルのある人間を育てる場として使ってほしいということらしい。または、グーグルアイランドとか企業が自分で作ってそこのミッションをクラウドソーシングで解かせることも考えているようだ。

日本ではShareWisがコンセプトとか、UIとかが似てるような気がする。
コンセプトは非常にビジョナリーだと感じたが、解決の切り口がゲームっぽくするっていうことの発想が安易な気もしないが、著名かどうかは別として多くの投資家が投資していることからも一応注目。

【会社情報】
設立年 2011年
従業員数 10人(2014年4月現在)

【資金調達】
$748K(2014年4月現在)

【SNS活用状況】
facebook 463いいね!(2014年4月現在)
twitter 540いいね!(2014年4月現在)


By

vol.256 だらしない人向けの勉強アプリ『studypact』

http://www.studypact.com/

【概要】
目標を達成できなければ罰金を課される勉強系アプリ

ビジネスモデルポイント
ビジネスモデルとしては、過去にもダイエットとか自己管理サービスを挙げたし、いくつか似たようなものはあるのだが、こちらはシンプルに勉強に特化。自分で今週は10時間勉強すると決めて、その目標額を10ドルとかって設定する。
達成できなければ10ドルを運営者に支払ってプールにしておき、達成できた人はそのプールから引き出せる。
ということは基本的に達成できない人のほうが多いはずだの論理でサービス設立されているわけであり、不確定要素が強い立ち上げかなと思うのだが。筆者は有言実行タイプなのでこれ使って小遣い稼ぎできるんじゃないの?

会社情報
設立 2013年
従業員数 未確認(2013年3月現在)

資金調達
未確認(2013年3月現在)

SNS活用状況
facebook 94いいね!(2013年3月現在)
twitter12フォロワー(2013年3月現在)


By

vol.253 ツイッターをリアルタイムに翻訳してくれるサービス『fliplingo』

https://www.fliplingo.com/

【概要】
ツイッターをリアルタイムに翻訳してくれるサービス

ビジネスモデルポイント
クラウド翻訳の部類だが、ツイッターのつぶやき自体を即いろんな言語に翻訳することにポイントを置いているのが特色。正確には”near”リアルタイムということらしいが、抱える翻訳者の数が多ければ多いほど早くなる。月額課金だと10ドル、もしくは1ワード7セントでやってもらえる。
世界のつぶやきのうち65%は実は英語ではないというところが起点らしいが、即リアルタイムで訳してもらえることは結果自分にとって語学勉強にもなるはず。

会社情報
設立 2013年
従業員 未確認(2013年3月現在)

資金調達
未確認(2013年3月現在)

SNS活用状況
facebook 4131いいね!(2013年3月現在)
twitter4114フォロワー(2013年3月現在)


By

vol.249 学生が講義ノートを売買できるサイト『flashnotes』

http://www.flashnotes.com/

【概要】
学生が講義ノートを売買できるサイト

ビジネスモデルポイント
これは需要が一程度あると思う、授業に出ないがテストだけはちゃんと点を取って単位が取りたい学生と、真面目に授業を受けてノートをきっちり取っているが、それを易々と前記の学生に見せてあげるのは癪だと考える学生をマッチング。
ただ単純にノートをシェアというだけではなくて、より講義をかみ砕いて解釈した説明ノートや、動画なども販売しているというところが特徴だと思う。
こちらのサイトで一番稼いでいる学生は既に日本円にして100万円以上稼いでいるとのことで、学生からしたらかなりいい小遣いになる。

会社情報
設立 2009年
従業員 未確認(2013年3月現在)

資金調達
$6.9M(2013年3月現在)

SNS活用状況
facebook 5466いいね!(2013年3月現在)
twitter1637フォロワー(2013年3月現在)


By

vol.240 子どもを未来の技術者へ育てるためのおもちゃ『myatoms』

http://myatoms.com/

【概要】
実際に組み立てると動くおもちゃを子供向けに開発しているサービス

ビジネスモデルポイント
これはTOP画面で紹介動画が流れているので、それを見てもらった方が早い。各々のパーツは既に用意されているのだが、プラグイン形式になっておりそれを自由に組み合わせることでいろいろな動きをさせることができますと。iOSとandoroidを使ってそれぞれのパーツの動作の制御をできるようになっており、iphoneがリモコンみたいになりますと。
運営者曰く、これから毎月いろいろなパーツを出す事で定期的な利用を促していくとのこと、デアゴスティーニみたいな感じなのかな。個人的にこんなおもちゃがあればもっと技術に興味持っていたような気がする。

会社情報
設立 2012年
従業員 未確認(2013年2月現在)

資金調達
$3.43M(2013年2月現在)

SNS活用状況
facebook 11491いいね!(2013年2月現在)
twitter1150フォロワー(2013年2月現在)