zer0base

海外スタートアップおもしろサービスを独断と偏見で纏めています。

By

vol.331 パーソナルアシスタントバイヤー『fetch』

https://buywithfetch.com/

【概要】
欲しい商品を伝えるだけでパーソナルアシスタントが代わりに購入してくれる

【ビジネスモデルポイント】
更新が滞っておりまして申し訳ありません。

https://pacirii.com/

paciriiという、リブセンスの新卒チームが新卒研修の一環として期間限定のサービスとして行っていたが、似たようなもの。
パシリーでググってみたら、パシリーというコンセプト同じのアプリを全く別の会社?と思われるところが出しているのだが、これはアリなのか?

当サービスに関しては、欲しいなと思う商品の概要だったり、写真を使ってサービス運営者にピュッとSMS的に送ると、運営者が人力で探し出してくれて
商品が問題なければ発送までやってくれるというもの。

なので商品購入、発送代行サービス。

もちろん自分の時間を稼げるのでニーズはあるだろうが、一部手数料を取ったとしても人力でやってる分、利益率みたいなところは限りなく低いのではないか。

購買データをビッグデータレベルな規模までこれば、それこそ人工知能的なアプローチで、人力ではなくAIがリコメンドしてくれるまで持ってこれるので
あればそりゃすごい。先々それぐらいまで目指しているのであれば、VCから金を引っ張ってこれる意味がわからない。

【会社情報】
設立 2013年
本社 Oakland, CA

【資金調達】
$2.3M (2014年12月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 683いいね! (2014年12月現在)
twitter 1212フォロワー(2014年12月現在)


By

vol.328 生産者直結マーケットプレイス『farmstr』

https://www.farmstr.com/

【概要】
海産、畜産、野菜など生産者から直接購入できるサービス

【ビジネスモデルポイント】
八面六臂という漁業に特化して、中抜きサービスが流行っているがこのサービスは畜産、野菜も含めた総合ポータル。
こういうサービスは本当にインターネットらしいサービスでいいな。卸売業者、小売業者泣かせだとは思うが、テクノロジーの前では問答無用。

取引にあたっての手数料などは書いていないのだが、マッチングサイトは発注者、受注者両方ともバランス良く集めてこないといけないので非常に難しい。現在筆者が運営している求人サイトもなかなか大変だなと思いながら一定の閾値を超えればなかなか揺るぎないプラットフォームになると信じて、弛まず走るのみ。

クランチベースでは競合サービスが5つぐらいピックアップされているのだが、日本ではこういった総合ポータルは見当たらない。特化させたとしてもなかなか日本では既存の業者からの反発もありそうで難易度は高いのだろう。あと注文を受けるだけではだめで、配送も含めたところの仕組みづくりも相当難易度高そう。

【会社情報】
設立 2013年
本社 Seattle, WA

【資金調達】
$1.3M (2014年9月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 2658いいね! (2014年9月現在)
twitter 1フォロワー(2014年9月現在)


By

vol.327 アメリカ特有の消費税回収サービス『taxjar』

http://www.taxjar.com/

【概要】
州ごとに違う消費税率の複雑さを解決するための会計サービス

【ビジネスモデルポイント】
日本は一律8%の消費税なので、知らない人はびっくりするかもしれないが、というか自分も初めて聞いたときはびっくりしたのだが、
アメリカの消費税、正確には売上税というのだが、51州ごとに税率が違う。極端な話、オレゴン州など売上税が0円のところもある。興味がある人はこちらの例えばこんなブログで説明されているのでどうぞ。
アメリカの売上税

売上税がゼロ円のところでPCなど比較的高価なものを購入して売上税が高い州の買い手に転売するサービスが成立していないのは何故なのかが結構疑問に思っており、誰もやらないなら将来やりたいと思っている。使用税というスキームで解決したいらしいのだが、まともにその商品を自分の州で使用していますという申告する人は性善説とか抜きにしているのか本当に。

とまぁ、世界にはこうしていろいろ疑問な法律や、商慣習があるのだが、複雑なことは間違いなく、どこの州で購入して、どこで販売したかなどいちいち手計算で管理はしていられない。それを解決するサービス。細かい機能とかは結構どうでもよく、あるべきものとして存在しているサービスだと思える。

【会社情報】
設立 2013年
本社 San Diego, CA

【資金調達】
$600K (2014年8月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 484いいね! (2014年8月現在)
twitter 379フォロワー(2014年8月現在)


By

vol.326 アルゴリズムをお買いもの『algorithmia』

https://algorithmia.com/

【概要】
アルゴリズムのマーケットプレイス

【ビジネスモデルポイント】
一昨日、海外のテック系ブログを見てたら調達のニュースが流れてきて、なんとなくピンと着たのでとりあえずエントリー。
インベスターを見てると、楽天も出資してるようだ。

APIを販売するサイトはいくつかあるのだが、アルゴリズム自体のマーケットプレイスは初めて見た、もちろん自分が登録したアルゴリズムがAPIで呼びだれるたびにチャリンチャリンいうシステム。手数料を恐らく運営者はいくらか抜き出すモデルのはず。

アルゴリズムとAPIの違いがよくわからないのですが、アルゴリズムのマーケットプレイスができたぐらいだから、もちろん意味もニーズも違うのでしょう、でも今までなんでなかったのだろう。
そもそもこういうマーケットプレイスってやはりどうしてもニッチな気がして、スケールするのか、となるとエグジットはどういうイメージなのか全く想像つかない。よくわからんが、githubとかに買収してもらうのだろうか。

【会社情報】
設立 2013年
本社 Seattle, WA

【資金調達】
$2.4M (2014年8月現在) 
Rakuten Venturesら

【SNS活用状況】
facebook 4677いいね! (2014年8月現在)
twitter 228フォロワー(2014年8月現在)


By

vol.321 古き良きアメリカンな靴のECサイト『greats』

http://greats.com/

【概要】
ブルックリン発の靴のECサイト 

【ビジネスモデルポイント】
サービスとして真新しいわけではなく、ただの単一の靴のECサイト。
なのだが、UIが新しいような感じがして、
なんだけれどもブランドのテイストが古き良きブルックリンというような感じ。

靴をマウスで拡大できたり、回転させて立体的に見ることができたり
この辺は別に他のサイトでもできるんだろうし必ずしも新しいわけではないんだが、
全体的に古いテイストの中だと新しく見える。

書きながら上手く説明できないので、見てもらったほうが早いと思う。
サイト制作者の意志を筆者が適当に誤解してるだけなのかもしれないが、
この新しさと古さの融合で、ブランドが少しよく見えるような気がして
センスをものすごく感じた。

モノ自体は59ドルからで、そこまで高くない。

こういうただの単一ブランドのECサイトに投資する投資家っていうのは
どういう出口を意識して投資するのだろうか。

【会社情報】
設立 2013年
New York, NY

【資金調達】
$1.5M (2014年7月現在)

【SNS活用状況】
facebook 2745いいね! (2014年7月現在)
twitter 1536フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.320 超テレビショッピング『oohly』

http://oohly.com/

【概要】
テレビに映るものすべてが買えてしまうテレビショッピングサービス

【ビジネスモデルポイント】
2011年設立ならばもう3年経っているのだが、調達額が$180Kのみならば、
もうサービス終了しているのではとすら思ってしまうのだがどうなのだろうか?

このサービス割と誰もが思いつきそうなものだが、映画を見ていてこの女優さんが
来ている服欲しい!
ブランドが分からない!
もしくは、ブランドは分かったけどメモして、後で検索してみたいなパターンになるとは思うのだが、まだ出来上がっているサービスではないのでUIが全く見えないのだが、スマートテレビ、ipadなどネット環境のあるデバイスを通して、その動画を見るとワンタッチでその商品の情報を観れて、購入まで超ハイクオリティなUIでできることを目指してるんだと思う。

でなければ意味が全く無いし、何よりもあらゆる商品のデータベースを後ろに溜めないといけないんじゃないかと素人なりに思うので、どんだけ大変なんだろうというのが嫌でも想像できるが、実現できればそれはすごいサービスだと思うので、また次の調達を突然するのか追いかけてみようと思う。

日本ではguiderというサービスがあり、こちらはドラマで石原さとみが来ていた服をこのサイトで買える、というサイトだが、oohlyに関してはテレビを見ながら買える、ここがイノベーション。

【会社情報】
設立 2011年
Leawood, KS

【資金調達】
$180K (2014年7月現在)

【SNS活用状況】
facebook 130いいね! (2014年7月現在)


By

vol.316 スタイリストからアドバイスを直接もらえるファッションコミュニティ『motilo』

http://www.motilo.com/

【概要】
自分でアイテムを投稿すると、そのアイテムに合ったスタイリングを提案してくれるサイト

【ビジネスモデルポイント】
ロンドン発のサービスで、なんかありそうな気もして案外無かったのかなというモデルのサイト。

サイトを見てもらうとなかなか新しいUIな気がするのだが、
右上に小窓みたいなものがあって、そこにお気に入りの服や、発見した服をドラッグ&ドロップして
このジャケットに合うお勧めのパンツは?
ってな感じで投げておくと、サイト専属のスタイリストが返信してくれるという感じ。

もちろん他サイトのようにおしゃれなこの人のスタイリングをフォローするというような
ものもある。
その人のスタイリングをドラッグアンドドロップしてこうこう思うけど、どう?
みたいなのもできるみたい。

要するに毎日ファッションに悩むあなたにとっては、インスピレーションを受けたり、
具体的なアドバイスを受けたりというようなお役立ちサイト。

ECサイトでも、直接出店している会社と値引き交渉が窓口でチャットみたいな感じでできる
サービスが日本でもあったような気がするが、
メール送って3営業日以内に回答します、みたいな対応はもうこの現代社会では遅い。

【会社情報】
設立 2011年
London

【資金調達】
$$5.8M (2014年6月現在)

【SNS活用状況】
facebook 30243いいね! (2014年6月現在)
twitter なし(2014年6月現在)


By

vol.314 花×uber 『bloomthat』

http://www.bloomthat.com/

【概要】
花をオンデマンドに宅配してくれるサービス

【ビジネスモデルポイント】
概要通りのサービスだが、ポイントは早さ。
日本でも花宅配サービスはかなり多数あって、大手が牛耳っているわけでもないと思えるのだが、
やはり午前中までのご注文で当日中に配達というよくあるスタイルが限界のようだ。

こちらのサービスに関しては、35ドルからの商品を90分で届けてくれる。
が、とりあえず取扱いしている商品数は6つ?
もちろんアメリカ全土というのはまだまだで、サンフランシスコ内という制限はあるが、
これから増やしていくのだろう。

創業の理由では、アメリカに至っては花宅配は少数の大手が牛耳っており、配送手数料とか結構不透明で
結構な金額のまま変わらなかったというところで、価格破壊したかったということだそうだ。

スケーラビリティは無いと思うが、競合も少なそうなのである程度のカタチにはなるかもしれない。

【会社情報】
設立 2013年
San Francisco, CA

【資金調達】
$2M (2014年6月現在)

【SNS活用状況】
facebook 32000いいね! (2014年6月現在)
twitter 1803フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.311 旅費節約サービス『rocketrip』

https://www.rocketrip.com/

【概要】
旅費を節約するとインセンティブが返ってくるサービス

【ビジネスモデルポイント】
出張旅費というのは会社としてはなるべく抑えたいもの。だけどもなるべく抑えろと言っても、それだけではなかなか社員も動かないだろうと。
なので、では節約した分だけインセンティブバックを与えたらどうか?というなかなか面白いアイディアを基に作られたサービス。

どこどこに出張で、何泊するかというのを打ち込めば大体の概算が出てくる。それに対して、ホテルはその近くに友達がいるからそこに泊めてもらって宿泊費はまるまるカットするとか、極端な話だが移動もタクシーを絶対使わずに可能な限り公共交通機関を使うとかでもコストを抑えようと思えば抑えられるだろう。

その抑えた額の半額が社員に、ポイントとして還元されてそれをギフトカードと交換ができる。
マネタイズは、ギフトカード会社からのサービス利用料なのか、手数料なのかわからないがそこが一つと、エクスペディアなどの旅行サイトなどと提携しており送客手数料的なものの二つ。

アイディアとしてはすごく面白いなと思ったのが、有名なベンチャーキャピタルのYC出身のチームで、もともとグーグルの社内制度が基になっているらしい。つまりグーグルでは当たり前のように、旅費を抑えるとインセンティブバックが返ってくる制度があるとのこと。
福利厚生で何かの記事で最近ナンバーワン企業というのが出ていたが、それも納得の本当にいい会社だ。

【会社情報】
設立 2013年
Raleigh, NC

【資金調達】
$3.2M (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook 139いいね! (2014年5月現在)
twitter 156フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.310 エアコンフィルターのデリバリーサービス

https://www.filtereasy.com/

【概要】
エアコンのフィルターのデリバリーサービス

【ビジネスモデルポイント】
これは久々に超ニッチな。。

必要なときに交換しに来てくれるらしいのだが、フィルターのサイズや枚数、
交換の頻度などを自分で決定するみたい。ウォーターサーバーのような感じと言える。

摩耗したタイヤで車を運転すると燃費が悪くなるという真しやかな情報のように
エアコンフィルターも洗わないと空調の効率が悪くなるらしく、交換は定期的におすすめだよと。まぁそりゃ言うでしょうね。

ちなみに日本で『エアコン フィルター』で検索してみても出てこないし、さすがにマニアックすぎて誰もやらないのかもしれないが、
エアコンのフィルターの清掃は結構めんどくさいっちゃめんどくさい。

ハウスクリーニングとかいうレベルになってくると、かなり本格的に洗浄するというイメージで新しいものと交換というイメージではなさそう。
なので、ユーザーとしてもそこまではっていう人には刺さるのかもしれない。
かつ、フィルターもいろいろ種類がありいかにチリ、ホコリをフィルタイリングするかによって値段は結構変わるようだ。

【会社情報】
設立 2012年
Raleigh, NC

【資金調達】
$310k (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook 6347いいね! (2014年5月現在)
twitter 1236フォロワー(2014年5月現在)