zer0base

海外スタートアップおもしろサービスを独断と偏見で纏めています。

By

vol.331 パーソナルアシスタントバイヤー『fetch』

https://buywithfetch.com/

【概要】
欲しい商品を伝えるだけでパーソナルアシスタントが代わりに購入してくれる

【ビジネスモデルポイント】
更新が滞っておりまして申し訳ありません。

https://pacirii.com/

paciriiという、リブセンスの新卒チームが新卒研修の一環として期間限定のサービスとして行っていたが、似たようなもの。
パシリーでググってみたら、パシリーというコンセプト同じのアプリを全く別の会社?と思われるところが出しているのだが、これはアリなのか?

当サービスに関しては、欲しいなと思う商品の概要だったり、写真を使ってサービス運営者にピュッとSMS的に送ると、運営者が人力で探し出してくれて
商品が問題なければ発送までやってくれるというもの。

なので商品購入、発送代行サービス。

もちろん自分の時間を稼げるのでニーズはあるだろうが、一部手数料を取ったとしても人力でやってる分、利益率みたいなところは限りなく低いのではないか。

購買データをビッグデータレベルな規模までこれば、それこそ人工知能的なアプローチで、人力ではなくAIがリコメンドしてくれるまで持ってこれるので
あればそりゃすごい。先々それぐらいまで目指しているのであれば、VCから金を引っ張ってこれる意味がわからない。

【会社情報】
設立 2013年
本社 Oakland, CA

【資金調達】
$2.3M (2014年12月現在) 

【SNS活用状況】
facebook 683いいね! (2014年12月現在)
twitter 1212フォロワー(2014年12月現在)


By

vol.329 人工知能によるパーソナルアシスタント『x.ai』

https://x.ai/

【概要】
人工知能によるアシスタントがミーティングの時間取りをしてくれるサービス

【ビジネスモデルポイント】
インベスターを見ると、ソフトバンクが投資してたりする。
pepperとか開発するぐらいなので、人工知能サービスはあまねく注目しているのかも。

サービスのコンセプトももうそのままで、人工知能によるパーソナルアシスタントが勝手にミーティングのスケジューリングをしてくれる。
プロセスとしては、メールでccでアシスタントのアドレスにメールを送るだけで、後は勝手に日取りとか場所まで決めてくれる。
アシスタントとは言えど、もちろん機械。amyという名前の。
これ、メール送ってこられたほうはどうなのかな。というのも、後はamyが変わりにスケジューリングしてくれるからamyと宜しくっていうような送り方になる。機械と打ち合わせてねってことなんだけども、こういうのが当たり前になるのか。

ちゃんとアシスタントは、双方の好みや、現在の制約状況なども全部加味して最適なスケジューリングをしてくれるということなのだが、確かにこういうコピーロボットが欲しいなと思ったのは私だけではないはず。これソフトバンクが買収したりして。という緩い予測。結構適当に予測してるけど当たってるんですよねこのブログで。

【会社情報】
設立 2014年
本社 New York, NY

【資金調達】
$2.1M (2014年9月現在) 

【SNS活用状況】
twitter 777フォロワー(2014年9月現在)


By

vol.325  Eメール×ビジネスインテリジェンス『tipbit』

https://www.tipbit.com/

【概要】
Eメールの内容から関連するソーシャル情報をリコメンドして提示してくれるアプリ

【ビジネスモデルポイント】
超大手VCのAndreessen Horowitzの出資案件。
技術的にすごいんだろうことはたぶん動画とかさらさらっと見てもらえればなんとなく
わかるはず。
逆になんとなくしかわからないぐらい、一言でこの機能がすごい!っていう感じではない。

Gメールやヤフーメールでも、メールの内容を解析して最適な広告文章が提示されるのだが、その内容に関わる『人』の情報だったり、自分のソーシャルグラフの情報を提示してくれるイメージ。
ケースとしては、WEB広告を出稿しようとしていてとある営業担当とメールのやりとりをしていたら他の会社のWEB広告担当の人が自分のfacebookの友人にいたりすると、リコメンドされるとかtwitterで友人が低評価のツイートをしていたとか、そんな感じなのかな。

恐らく天才の企画者と技術者が設計しているんだろうが、全世界で誰しも使うアプリになるとはイメージできない。買収される提でやっているはず。
以前、このzer0baseで取り上げたemuというインテリジェンス系アプリも結局googleに買収されたし、これもたぶんそのうち買収されるはず。

【会社情報】
設立 2011年
本社 Bellevue, WA

【資金調達】
$6M (2014年8月現在) 
Andreessen Horowitzら

【SNS活用状況】
facebook 4677いいね! (2014年8月現在)
twitter 228フォロワー(2014年8月現在)


By

vol.324 ブランドロゴ×カメラ×マーケティング『logograb』

http://www.logograb.com/home/

【概要】
ブランドロゴをカメラアプリでスキャンするとブランド情報がどこでも見れるサービス

【ビジネスモデルポイント】
サービス内容は概要一言で事足りる。
マクドナルドの公式アプリが例えば無かったとして、街中にマクドナルドの看板があるわけだが、
特にアメリカとかだとハイウェイとかにも看板があったような気がするが、
カメラアプリでスキャンすると、そのブランドのディスカウントオファー情報から、
そのブランドに関するレビューからっていうのがどこでも見られるというのがこのサービス。

ということは、企業側から広告とかマーケティグの費用を取るマネタイズなのだろうが、
このアプリを知っている人はどれぐらいいるのだろうか。
公式アプリを開けばマクドナルドでもなんでも、クーポンみたいものはゲットできるだろうから、
どこでもスキャンできるというのは売りにならないように思う。
そのブランドに対してのレビューを見るためにスキャンするわけもないと思う。

コンセプトとしては面白いのかなと思ったが、どう考えてもサービスがスケールというか
一定数使われるところまでいくイメージが全くわかない。
ロゴ認識の技術は特許取得済みみたいだが、どこでもそれぐらい作れるんじゃないの?
アメリカなら1億円調達ぐらい当たり前でこっちでいうところの1000万調達だが、
そのお金をうちに投資してください。

【会社情報】
設立 2012年
従業員 4名

【資金調達】
$1M (2014年8月現在)

【SNS活用状況】
facebook 239いいね! (2014年7月現在)
twitter 100フォロワー(2014年7月現在)


By

vol.315 次世代のタイピング技術『minuum』

http://minuum.com/

【概要】
キーボードの配列でスマホでもタイピングできる技術

【ビジネスモデルポイント】
トップページだったり動画を見てもらえればわかるのだが、
なんてことはない、キーボードの配列を下において、あたかも
パソコンで打っているかのようにタイピングができるという技術。

今では、フリック入力で超絶早く打てる人もいると思うのだが、
キーボード入力よりも早いのでは?

とはいえ、誤入力してもちゃんと正しいと思われる文字に
返還してくれたり、まさに今風だがこれをスマートウォッチにも
搭載する予定らしい。

個人的には結構誰得なアプリではあるのだが、
有名なクラウドファンディングサイトindiegogoで$500Kを調達、
デファクトスタンダードに果たして慣れるかどうか。

【会社情報】
設立 2012年
Toronto

【資金調達】
$500K (2014年6月現在)

【SNS活用状況】
facebook 2645いいね! (2014年6月現在)
twitter 4036フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.313 地域匿名掲示板『yik yak』

http://yikyakapp.com/

【概要】
地域の情報掲示板だが、匿名で投稿ができるアプリ

【ビジネスモデルポイント】
ニュースフィードで過去に一回この奇妙な牛のデザインのアプリを見てスルーしたのだが、また資金調達していたようなので調べてみたが、
タイトル通りで地域の情報掲示板なのだが匿名で自由に書き込めるものとなっている。
yakは野牛という意味の単語で、またぺちゃぺちゃ無駄話をするという意味もあり、サービスタイトルに納得。

アプリをダウンロードしてみたが、当然東京近郊ではこんなマニアックなアプリをダウンロードしている人はいなかったので、最近hotな投稿というのを見てみたが、どこどこでヴィクトリアシークレットのショーが行われるよというのがあったので、そういう感じかと思っていたが、ハリケーンの時の情報共有のポストが過去一番人気でなるほどと思った一方でコメント欄はfu*Kの嵐で、言い換えるならば地域情報の2ch。

ということで誰得なアプリ。ゲーミフィケーション的にポスト数が多い人とか、リプ、いいね的なものが多いポストをした人には例の野牛がデコレーションされてバッジ的なものをゲットできるという仕組みがあるが、そのデザインがかなりクソで誰が嬉しくこのサービスを使うのかと思ったが、これでもアメリカでは1.5億円を調達できる。アメリカ行きたい。

【会社情報】
設立 2013年
Atlanta, GA

【資金調達】
$1.50M (2014年6月現在)

【SNS活用状況】
facebook 860いいね! (2014年6月現在)
twitter 1702フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.312 バスケットマンのためのウェアラブルデバイス『shottracker』

http://shottracker.com/

【概要】
バスケットマンのためのウェアラブルデバイス

【ビジネスモデルポイント】

これはまたマニアックなウェアラブルデバイスだが、
バスケットボール大国?のアメリカではティーン層を中心に
需要があるかもしれない。

筆者も昔はバスケ部だったのだが、当時はこんなものが世に出回る
なんて想像だにしなかった、当然。

まだ商品としてのリリースはされておらず、今年の夏リリースとのこと。

どういう仕組みかというと、リストとゴールネットにデバイスをつけて
シュートが入ったか、ミスしたかを計測していきアプリで確認できる。
どこからシュートを打ったかまで計測しているので、
どこが得意エリアで苦手エリアというのがわかるということだ。
これは確かにバスケをやっていたことのある人ならわかるところかも。

また、同じアプリをインストールしている者同志で、シュート対決的なことも時間測ってできるとのこと。

これ、技術力や技術の方向は置いておいて、野球だろうがサッカーだろうが
ウェアラブルデバイスでデジタルにスキル向上というのはあるような気がする。

むしろもう市場にたくさんあるのかもしれないが、探してもまだ見つからない。
しかし、ウェアラブルでスポーツが変わるという記事はたくさんあり、
この記事は少し参考になった。興味ある人は
こちら

【会社情報】
設立 2013年
Overland Park, KS

【資金調達】
未確認 (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook 1067いいね! (2014年5月現在)
twitter 392フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.309 モバイル栄養コーチ『rise』

http://www.rise.us/

【概要】
モバイルベースで栄養管理士からダイエットアドバイスをもらえるサービス

【ビジネスモデルポイント】
まだ正式にサービスはローンチされていないのか、日本からはダウンロードできないのかはわからないが、なんとなく面白そうなサービスだったのでエントリー。
有名なGreylock Partnersや、google venturesも既に投資を決めているので注目度は高そう。

TOP画面の説明や写真から想像するに、毎日自分が食べたものを写真に撮って自分のパーソナル栄養コーチに送ることによってフィードバックをもらうというような仕組みで至ってシンプルなのだが、モバイルで手軽に行うことができるというのが最大のポイントだろう。
また費用に関しても、相場としてパーソナルコーチを雇うとなると月300ドルかかるらしいが、このサービスなら70%ほど費用カットができるらしい、それならなかなか素晴らしい。

パーソナルコーチ×モバイルというのはこれから結構アツイ分野と密かに思っている。必ずしも対面リアルでないといけないということはないと思うのだ。

【会社情報】
設立 2013年

【資金調達】
$2.3M (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook なし (2014年5月現在)
twitter 1235フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.306 linkedin for emergency『epactnetwork』

https://www.epactnetwork.com/us/home

【概要】
病気、災害など生命の危機に対して対処、予防するための人的ネットワークサービス

【ビジネスモデルポイント】
簡潔に言うと、概要の通りになる。
例として、重度の喘息もちの人がいたとして、使っている薬や使用頻度などを自分のアカウントに登録しておいたとする。自分の個人情報にアクセスできるのは基本的にはfamilliyアカウントというのがあるので家族のみ、もしくは親戚だったり、友人だったり指定した人間であればアクセスするようにできることはできる。
遊んでいるときに発作が起こり、持ち前の薬が底をついていたときに病院に連れて行く、本人は当然しゃべることも困難。こんな時に家族や、友人がアカウントにアクセスしてその薬の情報を提示して処方してもらう。

もしくはこれが、戦場のシーンで負傷した兵と同じ組織に属するに人間、巨大地震に巻き込まれて街がパニック、通話はできないがインターネットアクセスならできる状況だとしたら。

などなど、こういったイザという時のために最大限身を守るネットワークといえる。
アメリカでは、1年にemergency informationというのを企業や、学校などの組織が9億回リクエストするという記載があり、それおこのepactというのはオンラインで代替するのだと仰々しく書いてあるのだが、
emergency informationというのは、持病や、かかりつけの病院などを登録しておける超パーソナルの医療情報のことみたいで、このような体制は日本では無い?と思うので、環境は違うのだが、コンセプトはビジョナリー。

企業や、学校など組織がアカウントを持つのは費用はいくらか書いていないがかかり、マネタイズはそこからで、個人、家族アカウントの利用は無料。

【会社情報】
設立 2012年
本社所在地 North Vancouver

【資金調達】
$2M (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook177いいね! (2014年5月現在)
twitter 994フォロワー(2014年5月現在)


By

vol.305 モバイル×スポーツコーチ『instacoach』

http://instacoach.com/en

【概要】
スポーツプレイの動画をコーチに見てもらってフィードバックが得られるというサービス

【ビジネスモデルポイント】
1分ぐらいの動画があるので、見てもらえればなんとなくイメージはつくと思うのだが、テニスのスウィングや、ゴルフのスウィングなど自分のプレイをモバイルで動画撮影をして、専任のコーチか、もしくは一気に不特定多数のテニスコーチに動画を送ってフィードバックを得られるというサービス。

動画で使われているiphoneが初期のiphoneを使っており、動画もなんかガタガタしていてセンスなさげなサービスなのだが、コンセプトとしては割と面白いかもと思った。全く使われている様子もないし、資金調達もする気がないのか、注目されていないだけなのかわからないが、、

スポーツコーチ、トレーナーのポータルサイトは一応あるはあるんだけど、全くもってお粗末なサイトしかない。筆者はスポーツをやらないのだが、スポーツ好きの友人は割と有名なトレーナーに指導を仰ぎに行っていたりもする。
もちろん一番いいのは、実力のあるコーチにその場でリアルに指導してもらうのがいいに決まっている。とあるサイトではスポーツコーチを派遣すると1時間1万円~という記載があったがそんなに高いのか?このサービスに関しては一切料金の記載はないが、1回動画を送るのに何円とかそういうマネタイズなのだろうか。

スポーツに限らず、スマホで撮影したものをフィードバックしてもらうのは他にもないかね。手相とか。占い師はめちゃくちゃ稼げそう。

【会社情報】
設立 2012年
本社所在地 Dublin

【資金調達】
$50K (2014年5月現在)

【SNS活用状況】
facebook なし (2014年5月現在)
twitter 650フォロワー(2014年5月現在)